<< SIDTが50周年だそうです | main | 元ディベーターとの飲み会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
もう二度と観るか、と思った映画をもう一度観た話
作品名『秒速5センチメートル』
 
2007年劇場公開されたアニメーション映画(監督:新海誠)です。
自分が初めて観たのは劇場公開後、1年位経った頃です。
当時の感想を一言で言うなら、
「主人公(男)が、初恋をこじらせて、彼女とも別れ、
そして追い詰められ、会社を辞める、
という救われない話」です。

 
初恋の相手を忘れられない主人公。
一応は別の女性と付き合うも、
本気ではないと見透かされて破局。

一方で、初恋の相手は、
主人公を思い出として消化済。

女性としても成熟して、結婚していきます。
時を同じくして、主人公は人生に迷い、
SEとして勤めていた会社を退職。
そこで、山崎まさよし氏の曲
One more time, One more chance
が流れてエンディング。
二度と観るか、とその当時は強く思いました。
 
どれほど強くかというと・・・
ある時、後輩Nっくんのマンションに泊まった時、
Nっくんが「秒速5センチメートル」を
部屋で観ようとしたことがありました。

それを、Mやけと二人で
「やめろ、バカ!会社を辞めることになるぞ!?」
止めたほどです。
 
が、最近、自ら禁を破り、見返しました。
それも、映画版、小説版、漫画版と。
私が少し年齢を重ねたせいもあるのかもしれませんが、
以前ほど憂鬱なストーリーには感じませんでした。
逆に、悲壮的だけど、どこか前向き、という印象を持ちました。
ただ、やはり映画版だけだと視聴者は誤解しやすい、
あるいは作品本来のメッセージを掴みにくいのだと思います。
主人公の無職化とか、初恋相手の結婚とか、
そういったイベントの見せ方のせいで。
 
この映画にかぎらず、
自分のように「二度と観るか」と思った作品が有る方。

勇気を出して、あるいは一興として、
もうその作品を一度観てはいかがでしょうか。

月並みですが、違ったように感じられることも、
ひょっとしたら、あるかもしれません。


以前にも増して負の面が強化されるおそれもありますが。
| 雑記 | 00:53 | comments(2) | - | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:53 | - | - | ↑TOP
汐咲も、『秒速5センチメートル』ならばもう一度観ても良いかな。画像はとても美麗だしね。
しかし、『火垂るの墓』は極度のトラウマで二度と観られる気がしない(苦笑)
| 汐咲遥都 | 2015/09/10 2:55 PM |
自分は中1のとき、『火垂るの墓』を、
学校行事の一環(?)として、
夏休みの全校登校日に見せられました。
ショッキングですよね、あれは。
今でも覚えているセリフが↓ですね。
「節子、それ、ドロップやないッ!」

『秒速』は漫画版をおすすめいたします。
全2巻。映画よりも、わかりやすい、と思います。
| Iしげ | 2015/09/10 9:03 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
Access Counter
カウンター
SPONSORED LINKS